Sound Boards: 2008年6月アーカイブ

ls0215.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ加工依頼していたクワイ=ガンのヒルトが戻ってきました。

主な加工点は3カ所。

・エミッターの19mmの穴を1インチ用に広げる

・ヒルト後部の蛇腹の下にCrystal Focus板を置けるスペースを作る

・ヒルトの円筒内部の底面にスイッチ固定器具用のネジを空けてもらう

 

特に基盤を仕込むためのスペースの指定には悩みに悩みました。

ごく僅かの空間にギリギリおさまり、かつ強度的に不安でない程度にするには

どうしたらいいものか…

何度も基盤と本体を重ね合わせたり、photoshop上で原寸の絵を描いて

ちゃんとおさまるかテストしてみたり。

最終的に、こんな感じのUの字の溝を掘ってもらいました。

ls0216.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

底面上部からの加工の関係上、本来意図した長さの溝にはなりませんでしたが、

底のキャップの長さを含めればスピーカー込みでも充分収まるので、大丈夫でした。

 

ls0221.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25.5㎜に拡張されたエミッター。

早速、先日のLuxeon Rebel Greenを装着しました。

 

ls0218.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起動スイッチ。これならあまり目立たないでしょう。

4mmの穴をあけてタクトスイッチの頭だけ出してます。

起動スイッチはむしろ押し辛いくらいが丁度いいのです。

 

ls0219.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L字金具でスイッチを押さえつけてます。ネジ穴はこのために必要でした。

最初、自分でネジあけようと思ったんですが、場所が深い所なので無理だった…

 

ls0220.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Crystal Focus板を装着。幅はこれ以上ないほどギリギリです。

無事に入った時は男泣きものでした。

これならmicroSDカードの取り出しもそんなに煩わしくないでしょう…多分

 

ls0222.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電池はなんだかんだ言って結局コレにしました。

 

ls0223.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒルト前方にスイッチ×2、電池を入れてます。

基盤を後方に回しただけあって、一本目のMR板を使ったクワイ=ガンに比べたら若干余裕がある感じ。

 

ls0224.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体図。これにカバーをかぶせればクワイ=ガン完成です。

スピーカーはとりあえず底面のキャップにそのまま入れてます。

テストしたところ動作は問題無し!…しかし、やはり音量の問題が出てきました。

 

サウンドホールをあけていないので、音がこもった感じになっちゃうんですよね。

起動音やクラッシュ音などの高音は比較的よく聞こえるのですが、

ハム音やスイング音などの低音があまり聞こえません。

 

うーむ、やっぱり底面のどこかにサウンドホールをあけなくてはいけないか。

もうちょっと悩みどころは続きます。

このアーカイブについて

このページには、2008年6月以降に書かれたブログ記事のうちSound Boardsカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはSound Boards: 2008年5月です。

次のアーカイブはSound Boards: 2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Sound Boards: 2008年6月: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01