Sound Boardsの最近のブログ記事

御無沙汰更新です!

今年もどうぞ宜しくお願いします。

光剣浪漫は今年も今更ながらライトセーバーへの情熱を維持していきたい所存。

 

11月から多忙を極めセーバーどころじゃありませんでした。

9月頃に注文した品が続々と届く中、すべてを山積みにして原稿作業に取りかかってました。

俺が握りたいのはっ…ペンじゃなくてライトセーバーなんだッ…という思いを封印しつつ…

 

とりあえず色々書きたいコトがありますが、まずは順に更新してきますm(_ _)m

最初はサウンドボードから…

 

ls0311.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ls0310.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月8日に100枚リリースされたcrystal focus 4.1です。

2枚購入し、12月下旬に届きました。

開発者erv氏のメッセージ付きのポストカードがついててこれまた感激。

 

今回も販売開始時刻と同時に狂気のラッシュが始まり、購入成功までは冷や汗ものでした。

パリ時刻で20:00が販売開始時刻でしたが、サマータイム終了していたので

日本時間では午前4:00の開始。当然起きてスタンバイつつ、開始ジャストに出走。

さすがに直接購入4度目チャレンジともなると手順は慣れたから素早く完遂しました。

これで2勝2敗です。

(2007/11× 2008/3× 2008/4○ 2008/11○)

 

一つはオビTPMにクリスタル付きで移植しました。

これは後日UPします。

もう一つは…どのセーバーに装着するかまだ思案中

 

 

ls0312.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはultrasound 2.0。

MR(ハズブロ) FXの上位互換といった感じのセーバーサウンド・LEDドライバです。

9/4にultrasabersとTCSSでプレリリースが始まり、工場の遅れもあって

11月下旬にようやく届きました。

 

ls0313.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特筆すべきはやっぱりお手軽さでしょうか。

crystalfocusはそのカスタマイズ性の高さゆえに扱いがちょっと複雑で

自分もまだ把握しきってないですが、こちらultrasoundは至って簡単。

説明通りにLED・スピーカー・電池・スイッチ(モメンタリ)を用意してはんだ付けすれば完了。

FXサウンドのLuxeon化よりも作業自体は単純です。 

サイズ的にはFXサウンドとほぼ同じですが、高さが無い分よりコンパクトな感じ。

 

このUS2.0は、グラフレックス・アナキンに使用してみました。

それも別のエントリーにて…

ls0215.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ加工依頼していたクワイ=ガンのヒルトが戻ってきました。

主な加工点は3カ所。

・エミッターの19mmの穴を1インチ用に広げる

・ヒルト後部の蛇腹の下にCrystal Focus板を置けるスペースを作る

・ヒルトの円筒内部の底面にスイッチ固定器具用のネジを空けてもらう

 

特に基盤を仕込むためのスペースの指定には悩みに悩みました。

ごく僅かの空間にギリギリおさまり、かつ強度的に不安でない程度にするには

どうしたらいいものか…

何度も基盤と本体を重ね合わせたり、photoshop上で原寸の絵を描いて

ちゃんとおさまるかテストしてみたり。

最終的に、こんな感じのUの字の溝を掘ってもらいました。

ls0216.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

底面上部からの加工の関係上、本来意図した長さの溝にはなりませんでしたが、

底のキャップの長さを含めればスピーカー込みでも充分収まるので、大丈夫でした。

 

ls0221.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25.5㎜に拡張されたエミッター。

早速、先日のLuxeon Rebel Greenを装着しました。

 

ls0218.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起動スイッチ。これならあまり目立たないでしょう。

4mmの穴をあけてタクトスイッチの頭だけ出してます。

起動スイッチはむしろ押し辛いくらいが丁度いいのです。

 

ls0219.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L字金具でスイッチを押さえつけてます。ネジ穴はこのために必要でした。

最初、自分でネジあけようと思ったんですが、場所が深い所なので無理だった…

 

ls0220.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Crystal Focus板を装着。幅はこれ以上ないほどギリギリです。

無事に入った時は男泣きものでした。

これならmicroSDカードの取り出しもそんなに煩わしくないでしょう…多分

 

ls0222.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電池はなんだかんだ言って結局コレにしました。

 

ls0223.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒルト前方にスイッチ×2、電池を入れてます。

基盤を後方に回しただけあって、一本目のMR板を使ったクワイ=ガンに比べたら若干余裕がある感じ。

 

ls0224.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体図。これにカバーをかぶせればクワイ=ガン完成です。

スピーカーはとりあえず底面のキャップにそのまま入れてます。

テストしたところ動作は問題無し!…しかし、やはり音量の問題が出てきました。

 

サウンドホールをあけていないので、音がこもった感じになっちゃうんですよね。

起動音やクラッシュ音などの高音は比較的よく聞こえるのですが、

ハム音やスイング音などの低音があまり聞こえません。

 

うーむ、やっぱり底面のどこかにサウンドホールをあけなくてはいけないか。

もうちょっと悩みどころは続きます。

ls0207.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週、待ちに待ったCF4が日本の我が家に到着致しました。

先月、販売開始4分で売り切れた時の注文品です。

おまけでこのマグネットカードまで着けてくださって感激もひとしお。

 

ls0204.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、土曜に動作チェック。自分が持ってる旧バージョンは2.63なので、

V3との比較は出来ませんが、なんか音がすごい良くなった!?

 

ls0205.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説明にLuxeon Rebelが使用可能になったと書いてあったので、luxeonstar.comから

緑のLXML-PM01-0040 を購入。ホントは上位のが欲しかったけど在庫がその時無かった…

(※追記、PM01-0080 が在庫復活してたので追加注文しました。)

 

相変わらず詳しくは知りませんが、このRebelってのは低いパワーでLuxeonIII並か

それ以上の明るさを期待できるLEDみたいですね。何より小さい!

スペースの問題で電池の選択肢があまり無い関係上、低パワーで明るいってのは有り難いす。

テストしたら、確かにIIIにも劣らない発光でした。

 

ls0206.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2本目のラーベル製クワイ後期型です。

いろいろと慎重に考えた結果、こういう配置にしようかと。

1本目は初の改造というのもあって行き当たりばったりだったから…今度はじっくり考えたい。

 

…電池が一番心配ですね。まだ、どういう組み合わせでいくか検討中なのですよ。

NH-AAA×4か、Li-ion 14500×2か…いずれも900mAhくらいなので、

あんまり長持ちしないのが欠点になりそう。

あ、14500×2なら、Luxeon V も使えるか…どうしよう?

そんな感じでまだ悩みのタネだらけですが、宜しくお付き合いください

ls0127.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまず完成写真から。

カスタムセーバーやろうと思ったキッカケとも言える、

Crystal Focus Saber Core を使ったセーバーがようやく出来ました。

 

ls0120.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが核となる基盤。半年探してて、つい最近某経路で運良く入手出来ました。

需要に対して生産が追いつかないらしい、本国セーバーマニア御用達のものです。

 

ls0122.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6mm角のタクトスイッチを起動ボタンにしました。

SDカード内のコンフィグファイルに、モメンタリスイッチを起動スイッチに設定できる

パラメーターがあったので助かりました。

今回のルークESBは最初から1インチブレードを使用するつもりだったのですが、

それだけブレードと本体の間の余裕が無くなる事をスッカリ忘れてました。

そんなわけで、この極小空間にセットできるオルタネイトスイッチが見あたらず

困っていたんですが、思いがけず助かった…

 

ls0121.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目のレッドボタンの下にも同じスイッチを仕込んでます。

こっちはブラスター音や、刃の擦りあわせエフェクト発動用のスイッチ。

しかし、ココにスイッチを挟むことによって、本体とブレードホルダーを固定するネジが

すぐヨコにあるネジ一カ所になってしまうので耐久性が不安。

こんど上下にスライドする部品のピンを抜いて、かわりにネジでブレードホルダーごと

固定できるようすればいいか…

 

ls0123.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短いタイプのGraflex用の4ピン。1インチのブレードホルダーに

通常の長さのピンを着けると外にはみ出てカッコ悪くなるんですよ。

違いはほんの僅かなんで、無くてもOK

 

ls0124.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、相変わらず配線グチャグチャでかっこ悪いorz

内装はとりあえず後で考えるとして、動かすのが先決! 

 

 

で、動かしてみました。なにげにyoutube初投稿。

まだマニュアルの半分も理解してませんが、コンフィグを色いじる事によって

セーバーの挙動や音をカスタマイズできるのがすごい。

この基盤の制作者の人には脱帽します。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちSound Boardsカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはOther partsです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Sound Boards: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01