Items: 2007年12月アーカイブ

ls0069.jpg
ls0070.jpg

ls0071.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オビワンTPM購入時に送られてきたもう一本はultra sabersのfiber optic blades。

こちらはTCSSのフィルムよりさらに薄い透明なシートを何重にも巻いて筒の中に入れたもの。

敷き詰められた透明シートの層で、ブレードがメタリックな質感に見えます。

全体がしっかりLEDの発光色に染まってくれるのがすごい印象。

 

この透明シート、たぶん特殊な素材じゃなく、日用品で代用できるハズ…

(ebayでポリC筒含めて1本25$だし)

そう思って服を買ったときに包装してくれるPPラップを

ぐるぐる巻きにして筒に押し込んでみたらビンゴ!似たような効果に!

多少ホコリ・シワ・穴があったけど、何重にも巻くと案外あまり気にならなくなりやす。

ls0064.jpg

ls0072.jpg

ls0073.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は加工してない状態のポリC筒に、おそらくサンドブラスターか何かで

一方向から研磨されたフィルム(多分)を巻いて入れてみた。

さすがに紙ヤスリで手動で磨いたものとは出来が違いすぐる…

 

このフィルムはもともと、先のオビワンTPMを海外から購入した際に

同梱されてきた2本のブレードのうち片方に入ってたやつ。

TCCSで売ってる物がコレだと思う。

ls0066.jpg
ls0065.jpg

ls0063.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップで撮ってみる。

携帯カメラですが、筒の中の光束はちゃんと写ってくれました。

見る角度によって明るさが微妙に違いますね…

ブレードの側から見るとかなり明るいです

 

つーか、この先端はやはりどうにかならないものか

ls0044.jpg

ls0043.jpg

 フォーラムに書いてあったものを実践してみる。

まずはブレードそのものを加工してみる方法。

 

できるだけ目の細かい紙ヤスリで、

ブレードをくるくる回しながら円周と平行な溝をつけていきます。

ヤスリがけでできた溝で光が反射して明るくなるのかな(合ってる?)

手動ヤスリがけなので、わりとムラが…

 

 

 

ls0045.jpg

 コレが、外側をヤスリがけしたのみのブレード。

筒の中心部に光の束ができてるように見えます。

こうやってナナメから見ると美しいんですが、ブレードの面に対して

真横から見ると、発光がイマイチに見えました。

あと、やっぱ先端がやたら明るくなりますね…

ls0042.jpg

 アメリカのカスタムセーバーショップから注文品が届きました。

主にポリCの筒と、ディフューザーフィルム目的で使ってみたのですが…

 

いきなり欠品が!ポリC筒は入ってたのにフィルムが入ってない…!

突っ込み入れようと思ったのですが、再送して貰うにもまた1週間以上

待たされる…

 

で、いち早くブレードを使えるようにしたかったので、フォーラムでフィルムに関して調べてみました。

ブレード内に入れるフィルムは特別なモノかと思ってましたが、案外日用品で何とかなる模様…

フィルム自体の確保より、それをよりブレードを明るくするフィルムとして加工する方が大変っぽそうです。

 

今回注文した3/4インチポリC筒は3本。

これを使って、どうすれば、より明るいブレードになるか試してみようかと…

(続く

このアーカイブについて

このページには、2007年12月以降に書かれたブログ記事のうちItemsカテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブはItems: 2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01