Luke ANH: 2009年9月アーカイブ

…先月後半の空き時間をセーバー組み立てとDQ9に費やしてしまった為、

今月末までの原稿がピンチに陥っています。案の定です。

 

そんな中、ちょうど前回更新時の前後あたりにUS2.5の販売が始まっていたので

UPグレード用にいくつか購入したものの1つをANHに装填しました。

基盤チェンジなら30分で済むだろうと、暫しの現実逃避をしていた感じです。

  

 

このバージョンから余分にLEDを2コ着けられるようになり、

そのうち1つがアイドル状態の時にチカチカ点灯してくれるのは個人的にポイント高いです。

 

そして動画UPしておいてあれですが、既にこのANHは譲渡したため手元を離れています。

お元気でー…

LUKE ANH US2.0 Crystal Chassis

| | Comment(4)

ls0469.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶり更新です。

最近は手を動かすヒマが無くて、買ったセーバーについてダラダラ書くしかありませんでしたが、

先月後半ちょっとだけ余裕ができたのでANHのchassisを作り直してみました。

作り直す以前のモノは、作った当初に公開を躊躇ったほどのヒドイものなので割愛します…

(5月の3本同時起動記事のとこに、小さく見えてるあれです)

 

今回は手抜きせずしっかりと安定感のある作りにしようかと…。

以前の2つはChassisをブレードホルダーに固定しておらず、

ガタガタ動くという重大な欠点があったので。

 

ls0457.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑Chassis仮組み中。

φ5mmアルミパイプを4本用意し、レジン丸板にあけた穴に突っ込んでます。

中央のクリスタル台座部分にチップLEDを埋め込み。

あとエミッタプラグも作りました。

 

ls0458.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして完成後↓

 

ls0449.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルミパイプにしろレジン丸板にしろ、各所の固定方法にちょっと不安を残してます。

完全にディスプレイ向けの作りなのでチャンバラは出来ないでしょう。

 

(※追記)

ls0470.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレードホルダーとChassisの接合部。

ヒートシンクが高温になるので直下のレジン丸板がちょっと心配です。

ポリウレタンレジンは80℃くらいまで耐熱性があるらしいですが、

どのくらいの連続点灯でヒートシンクが何℃になるのかなどは

厳密に計ってないので…(さすがにそこまで熱くはならないでしょうが)

 

あと、このThe graflex shopのブレードホルダーに空いている3カ所のネジ穴は

日本の規格と異なっており通常のM3ピッチ05のネジが入りません。

そこで旧JIS規格のM3ネジ(ピッチ0.6)を探し出してはめてみると…

やっぱり微妙にピッチが合わない模様。

仕方ないので力任せに無理矢理ねじこみました。

これでもガッチリ食い込んでおりガタつきなどは無いです。

 

(※ここまで追記)

 

ls0452.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスタルのあたりは見ての通りyoda氏のESB SEの作りに倣ってます。

 

ls0450.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基盤の裏側らへんは小さいパーツを適当に… 

 

ls0451.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ls0453.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水晶

ほんとはもう少し小さい方がおさまりがいいんです。

今回は長さ20mm程度の丁度いいやつが見つかりませんでした。

 

ls0454.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ls0455.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ls0456.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ls0461.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

あと、

 

ls0462.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探していたこの極薄のタクトスイッチを見つけたので取り寄せました。

この薄さなら、スイッチ装着したままChassisの出し入れが出来ます

 

ls0463.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ls0448.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本体にある穴は、かつてサウンドホールの役割だった穴の名残です。

あの頃は変な所にスピーカーをおいていたんだなあ

(現在は底面のDリング金具取り付け用の穴がサウンドホールに) 

 

ls0464.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけでChassis作り直したANHでした。

また次に作る時があったら、もうちょっと強度面を見直したい…ですね

 

このアーカイブについて

このページには、2009年9月以降に書かれたブログ記事のうちLuke ANHカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはLuke ANH: 2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Luke ANH: 2009年9月: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01