Luke ANH: 2008年2月アーカイブ

中身をMPPに使ってしまい、空になったルークESB。

これは後日、MRとは別のLED&サウンドドライバを使用しようという目論見で

空のまま温存しておくことに…。1インチのブレードホルダーも使いたいしね。

 

ls0114.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、新しく来たパークスのルークANHにMRFXオビ=ワンの基盤を移植しました。

LEDはルークESBに使っていたLuxeon K2 Blueです。ブレード径も3/4インチ。

 

ls0109.jpg

まずオビFXを分解

 

基盤抽出のためにバラすのも心が痛みますが、これも改造の為…

オビワンFXは以前安売りの時に買っておいた新品が眠っているので、

すぐに分解に踏み切れました。

 

まずベルトレンチでエミッターを外す。

以前ルークROTJの時に苦戦して結局外せなかった苦い思い出が

よみがえったのですが、これは運良く(?)簡単にエミッターが外れました。

 

・エミッター外したら、今度はスイッチの金色のサーキットをはがします。

・ネジあけてコントロールボックスをはずしたら、スイッチの配線を切断。

・底のポンメルをはずして電池ボックスを除去。

・薄いヘラか何かで、内壁とグレネードの間の接着をベリベリと剥がす。

・ブレードを上から押し込むと底からスポッと出てくるようになります。

 

 

 

で、出てきたメカボックス。

 

ls0110.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイスFXとかFXルークROTJのやつはネジを外せば簡単に基盤を取れたのに、

オビFXはなんかすごい頑強な作りになってやがります。

ピンをハンマーで叩いて一本ずつ抜いてやらなくちゃいけませんでした。

そして最重要の基盤が入っているとこは、カッターで接着面を切断していくことに…

 

とまあ、基盤抽出までアレコレ苦戦しましたが、いざ取り出せば後ははんだ付けしていくだけ。

 

ls0111.jpg

ls0113.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配線が無駄に長かったため、装填に手こずりましたが一応完成図。

気になったのはやっぱ音量の小ささ。ルークESBは底のDリングを固定してる金具の裏に

サウンドホールを空けられましたが、ANHのDリング固定具の形状ではムリっぽいんですよね。

クランプの隙間から漏れる音で我慢するっきゃないようです。

 

しかし、グラスアイから漏れる青い光が素敵。

(↑ブレードを固定するイモネジ未装着の時のみ)

このアーカイブについて

このページには、2008年2月以降に書かれたブログ記事のうちLuke ANHカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはLuke ANH: 2008年1月です。

次のアーカイブはLuke ANH: 2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Luke ANH: 2008年2月: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01