Obi-wan ANH: 2008年9月アーカイブ

ls0259.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またしても御無沙汰の更新。

オビANHのGraflexクランプの隙間から顔を出していたスイッチをどうにかしようと思い、

有り物の合成で作ったトランジスタもどきにスイッチを仕込んでみました。

 

ls0260.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パカっとな。

グレネードを外す時は配線に気をつけないとブチっと切れます。

はめる時は、必ず反時計回りに何回か回してからねじ込みまないと…ブチッとな。

 

ls0261.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偽トランジスタの真下にロータリースイッチの径に合うネジ穴をあけ、

そこにロータリースイッチをしっかりはめてやりました。

そしたら偽トランジスタの中にパテを詰めて、乾かないうちに一気にツマミに突っ込む!

てな具合で、微妙ですがスイッチ部分を隠すことに成功しました。

…そのかわり、格段にスイッチON/OFFしづらくなりましたが…

だってトランジスタ部分ツルツルしてるんだもの

 

そういや、だいぶ前からいつ出るのかいつ出るのかと気になっていた

Ultrasound 2.0が、TCSSとUltra本家サイトでプレリリース開始。

Crystal focus板リリース時の壮絶な競争っぷりを考慮して、事前予約制になった模様です。

しかもかなりの数(500と聞きました)を生産中みたいなので、

今度こそ基盤が欲しい人達にちゃんと行き渡るでしょう。

 

Ultrasound1.0はスイング音が1種のみだったのと、クラッシュ音の

鳴らし方が特殊(速度センサ?)だっただけに、2.0はすごい楽しみ。

勢い余って5つ注文してしまいました。

発送予定は10月下旬…ちょうど次の原稿が一段落するあたり。

さぁー修羅場を乗り越えるぞー(棒読み)

このアーカイブについて

このページには、2008年9月以降に書かれたブログ記事のうちObi-wan ANHカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはObi-wan ANH: 2008年6月です。

次のアーカイブはObi-wan ANH: 2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01