【動画】Ultrasound2.0 OBI-WAN ANH Update

| | Comment(0)

ls0360.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はいこんばんは。

空いた時間にMRFX板をUltrasound2.0にコンバートする作業は順調に進んでます。

これも先月、FXサウンドからUS2.0へコンバートし、ほぼ完成形になったオビANH。

去年4月に最低限のワーキング化が完了してからこの最終形におさまるまで、何だかんだ時間かかりましたね。

とりあえず今後大きな変更点が無い限り、このオビANHについての更新はこれがラストになるかと思います。

 

ls0356.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ls0352.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんと、悔やまれるのがエミッターのキズとウィンドベインの羽の損傷。

ワーキングセーバーとして楽しむ以上、多少のキズ・汚れ・塗装の剥げは覚悟していますが、

これは制作中の不注意・横着でつけたので、防げたっちゃ防げたものだけに…

せめてエミッターはパークス以外のものに替えたいと思ってます。

(そうすると、またブレードホルダーを制作しなくてはいけませんが…)

 

ls0351.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年末にPS-STUDIOさんからパークス用トランジスタセットを購入しました。

お陰さまで、やっと自作の無駄にデカいトランジスタもどきから解放されました。

 

ls0353.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクトスイッチの使用が可能になったので、クランプのツメ部分の穴の下に仕込みました。

ツメと本体を少し削る必要がありましたが、スイッチを仕込むには丁度いい場所だと思います。

クランプレバーを開くとクランプに押されて勝手にスイッチ入る時があるのが玉に瑕。

 

ls0358.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレードについたイモネジをソケットの溝にそって奧まで差し込み、ひねることによって

よほどの事が無い限りは外れない程度に固定できます。

 

ls0350.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装はあの後1度やり直しました。

しかし何度も握っているとカドの部分が速攻で剥げてきますね…

 

ls0357.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ls0359.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッケル充電単4(930mAh)×4で駆動してますがオーバーロード設定のせいか消耗が早い。

ホントはLuxeon Vにしたいところですが、このIIIの水色がかった青が結構好きなので、

うかつに替えづらいという…

 


 

今回はyoutubeじゃなくphotobucketに動画アップしてみるテスト。

youtubeだといきなり「売ってくれ!」「これいくら?」的な外国の方が多いので…;^^)

 

write comment

このブログ記事について

このページは、SHINOが2009年2月13日 19:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Larbel Style-O Ultrasound2.0 ワーキング化」です。

次のブログ記事は「【動画】CF4.1 Obi-Wan TPM update」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01