MPPフラッシュ Luxeonライトセイバー化

| | Comment(0)

今度やるか…なんて思いつつ、パーツがそろっていると手を出したくなるのが人情ってもんですよね。

忙しいとき程、関係ないことに時間をかけて現実逃避したくなりますよね。

 

ってわけで、ベイダーANH仕様のMPPフラッシュにLuxeon K2 Redを付けて

ワーキング化しようという企画です。

サウンドボードは、なぜかシス音源のルークESBのものを拝借します。

ルークにはちゃんとジェダイ音源を付けたかったので、丁度いいというわけデス。

 

ls0101.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず分解。グリップはキャップ外すとき邪魔になるので、いったん剥がしました。

 

ls0103.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MPP用3/4インチブレードホルダーをエミッターのパーツに装着。

ホルダー内部にコリメーターレンズをはめ込み、底にLuxeon LEDとヒートシンクをとめてあります。

 

ls0107.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルダーを装着。スリットの間から見える内側は、単に溝が掘ってあるくらい。

電極とか自力で付ければ、もうちょいマシになるんでしょうが…

 

ls0117.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最も小さいスイッチのボタンが顔を出せる程度に本体の穴を広げ、ボタンにネジを付けて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒ボタンの内側を彫り込んでみて、スイッチにかぶせました

 

ls0119.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいかんじにピッタリきました。小さいので押すときは爪の先で押します。

気をつけるべきは、スイッチオン中に軽く触るだけでオフになる点…

 

ls0106.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココまで来れば、あとは基盤・スピーカー・電池ボックスを移すのみ。

初のLuxeon赤セイバーは思ったよりもはるかに赤かった!

 

ls0105.jpg

ls0104.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレード装着。MRのFXライトセーバーの赤系に不満があったので(道路整理の赤い棒のような発光)、

この光り方には大満足です。写真で撮っちゃうと同じに見えますが、全くの別物。

 

ls0115.jpg

 

と言うわけで、まずはMPPフラッシュのコンバートが

完了しました。

 

さて、空っぽになったルークESBにジェダイ音源をつけてやらねば…

 

(続く

write comment

このブログ記事について

このページは、SHINOが2008年2月 2日 02:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セーバーキット」です。

次のブログ記事は「Parks Graflexレプリカ ルークANH Luxeonコンバート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01